--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.02.09

史上最低のクレープ見つけた そして喰った その2




来た、ついにクレープ屋の前まで来た。



店の中には”This is ヤンキー”というのにピッタリな昭和ヤンキー女子が
2人いた。以下「ヤンキー姉」と「ヤンキー妹」とする。

その2人を見ただけで紀代様(奥さん)は「やめとけば~?」みたいな顔しとる。
わかる、わかるぞ妻よ、俺にも負のオーラをビンビンこの店から感じとる。
でもなーカレーとクレープなんて逆に不味い店探すのが難しいくらい
普通に作れば普通の味にはなるはずや。
ここは俺を信じて待ててほしい。

僕:「すいません、ツナを一つください」

ヤンキー姉:「・・・・・・・」
ヤンキー姉は何だか他の注文で忙しそう。
何で分かるかというと、目が、目がカミソリ2枚分しか開いてない。
”迷惑”とまでいかなくても”今見たら忙しいの分かるやろ!!”的な
視線をガッチリ感じますもん。

僕:「あのぉーツナ一つ・・・」

ヤンキー姉が隣のヤンキー妹の方を見て、目線で「オ・マ・エ・ガ・ヤ・レ」
と訴えている。
しかし僕が見る限りヤンキー妹は、

明らかに仕事できてない!!(もしくは知らない)

基本的にヤンキー姉が全て作ってお金関係をヤンキー妹がやってるようだ。
そのヤンキー妹に(たぶん)はじめて仕事がまわってきた。
パツキンのヤンキー妹が作る、「初めてのクレープ」どんなんかな?
俺も見たいアナタも見たい、みんなが見たいクレープとは?



そんなに引っ張る話じゃねーだろ!!とか様々なご意見ございましょうが、
今月で40歳になるということで見逃してくださいまし。
次回”史上最低のクレープ見つけた そして喰った その3”に続く



スポンサーサイト
Posted at 01:52 | 漫画 | COM(2) | TB(0) |
2013.02.05

史上最低のクレープ見つけた そして喰った 




毎回毎回自分勝手な批判ばかり載せてたら怒られますよね。
でもね、今回だけは悪を成敗するつもりで書かせていただきます。



お正月は色々ございまして愛媛の結構デカイ神社に初詣行ってきました。
まー初詣とかお参りはどーでもというと語弊があるが、でもどーでもいい。
お目当ては”出店”のみ!!

小学生の頃は夏祭りであまりにも出店で食べまくってお金かかるので、
親にうどん屋でうどん食べてから祭りに連れて行ってもらった事もある。
それくらい”出店”メニューは特別なんです。

この日も”俺は景色見てるで〜”みたいな感じで歩きながらお店をチェック。
・フランクフルト・・・これをかじりながら本命の店を見つける
・たこ焼き・・・・・・量があると一気にお腹マックスいくんで要注意
・お好み焼き・・・・・たこ焼きと同じく量に注意 でも喰え
・とうもろこし・・・・明らかに味付けした感じが逆に良し 喰え
・肉巻きおにぎり・・・お好み焼きと一緒に食べればもう喰えん!!
・クレープ・・・・・・シーチキン以外は帰ってよし!!
・りんご飴・・・・・・無視!!
・わたあめ・・・・・・たまにたべるとパラダイス
・ステーキ串・・・・・何の肉かもわからんのにスゲー高い、しかもカタイ
・焼きそば・・・・・・もっとソースかけてくれ!!
・ジュース・・・・・・詐欺か?というくらい氷入り炭酸ぬけぬけ でも許す



この日僕がチョイスしたのはクレープ。
お参りした後おみくじ触りながら”クレープ屋”しか見てなかった。
おみくじも吉だったけどどーでもよかった。
だってクレープがあるもの・・・ウフッ。





たぶん続く・・・。
次回をさりげなく待て!!



Posted at 03:17 | 漫画 | COM(4) | TB(0) |
2013.01.03

なんという2012 ニーハオ2013




2012年12月30日、仕事納め。

ミーティングでスタッフに良い事を2〜3個言う。

最後に「怪我等しないように冬休楽しんで!!」とかこれまた良い事言って解散。

その30分後に豪快に左手をカッターで切った俺。

一時間くらい血が止まんないんで年末の病院へ。
この辺から「何でラストこれなん?」的な事を思う。

病院で先生が傷口”グイ〜ッ”と開いて「痛い?」って聞いてきた。
「あああああぁぁぁ〜」と僕のセクシーな声が病室に響き渡る。

縫いましょうという事になり寝かされる。

見たい、人生で初めて縫ってもらうとこ是非見たい!!
腹筋限界まで起き上がり覗き込む。

先生が、「そこまでして見たいの?じゃぁ起きていいよ」
と優しく声をかけてくれた。
優しすぎて惚れそう・・・。

治療が終わり、預かり金という形で1万払う。
まさか年末にこんなお金の無くなり方するなんて思わなかったちゅーーの。

そして年末に怪我した自分への怒りを”食”にぶつける。

20分後、回転寿司をたらふく喰らう。

翌日、休みがなかったので夫婦で1泊だけの旅行へ。

部屋風呂ある素敵なお宿。

楽しみにしてたお風呂に入る時に、買っておいた”指サック”見つからず。

部屋にあった小さなビニールを指に巻いて風呂入る。
なんか切ないくらい貧乏くさい・・・。

帰ってくるとバックから指サック見つかる・・・。

10分間素っ裸で部屋中探した俺の時間を返してほしい。



なんやったんや2012年。
どーにかしてくれ2013年。



778.jpg




Posted at 01:10 | 漫画 | COM(2) | TB(0) |
2012.09.10

骨折夫婦




先日、紀代様(奥さん)が足の指をぶつけたらしく今年一番の真顔で、
「イタイイタイ」と唸ってた。
その時はしばらくしたらダイジョーブだろうとそんなに気にしてなかったら、
2日後に「ホンマにイタイ!!」と言い出し、




名称未設定 1

「病院に行って来る!!」と言い残して普段行きたがらない病院へ即効向かった。

病院でガッチリ検査してもらって検査結果を先生に聞きにいくと先生から、
「調べた結果、どんだけ探しても骨折箇所が見つけられない、どーしても
痛ければまた来てください」と”さよなら宣言”をいただいて帰ってくる。



家に帰ってきてしばらく経っても結果を教えてくれないので聞いてみた。

僕:「ねー、病院どーだったの?」

紀代様:「えっ?病院?ああー結果ね」

紀代様:「アレね、全然何ともないって」

僕:「えっ、あんなに痛がってて”絶対折れてる~”とか言ってたのに?」

紀代様:「ん~、よく考えたら朝の段階で腫れもひいてたし色も良くなってたし」

紀代様:「行かなくてもよかったんかなーーー」

僕:「・・・・・・・・・・」



0333_20120910202328.jpg





Posted at 20:46 | 漫画 | COM(0) | TB(0) |
2012.09.10

正義感少々下心山盛



先日自転車で出勤途中に後ろの方で”ガッシャーーーン”という音がしたので
振り返ってみると、信号手前でバイクが派手にコケていた。
「コレは事故だな!!」と思った僕は来た道を引き返してバイクの方に
ダッシュで向かって行った。



バイクの数メートル手前でコケているのがヤングガールだと気がつく。
ここで僕の妄想シュミレーションがはじきだされた・・・。

妄想予定では、倒れたヤングガールに優しく声をかけ、倒れた痛みで
起き上がれないならお姫様ダッコ的な感じで抱え上げ、猛烈感謝の言葉を
かけられるがそれを遮り、「当然ですから・・・」と言い残して颯爽と立ち去り
超絶ヒーロー的な感じで終わる、というものだ。

この完璧なゴールのために乗っていた自転車を放り投げ、カメラバックを
すっ飛ばし、スタローン的な身のこなしでヤングガールのもとへと駆け寄って
行った。



FF001_20120910011759.jpg

(正直、壁も塀もない場所だが、そこは妄想入ってるのでつきあって欲しい・・・。)

いよいよ妄想が現実となる数秒前の最後の言葉を優しくかけてみる。
うずくまったままの可哀想なヤングガール。

最高のタイミングで声をかける。




FF002_20120910011759.jpg

「あいたたたた・・・」

そう言いながらヤングガールは起き上がるやいなや・・・



FF003_20120910011758.jpg

バイクと一緒に7秒で起き上がり、「ダイジョーブですので〜」と言いながら
走り去って行った。

なんというか、妄想がどうこうというよりも、走り去って行くまでの早さに
呆然としてると、事情を知らない通りすがりのオヤジがぼくに向かって、



FF004_20120910011757.jpg




教訓。

オッサンは人命救助時は余計な妄想広げずにさっさと助けるべし!!




Posted at 01:44 | 漫画 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。