--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.11.30

レタッチってなんじゃい




ウチでの話です、あしからず。

レタッチとは昔で言う「写真の修整」のことです。
カメラマンによっては「撮った写真をいろいろ手を加えるのは写真じゃない!」
なんて事言う方いますが、僕の意見は「NO」。

撮影で出てしまった影、女性なら笑いジワも気になると思いますよ。(僕が女性なら気になります)
これを、「雰囲気だからそのままがイイ」と言われてもイヤなものはイヤ。

和田写真館では、スナップ写真(一部除く)以外、希望通りに修正することができます。(アルバムによっては数十カット修正します)


「美肌仕上げで!」


と言ってください。(はずかしがらずに・・・)

ちなみに和田写真館では、「レタッチの掟」があって、「ここはさわっちゃダメ」みたいな人相まで変えてしまう過度の修正は基本的にはしません。

バランスです。写真が良くて、レタッチが良ければ、より美しい写真になります。


僕が女性だったら、お肌キレイに、表情がよくて、スタイルよく撮ってもらいたい。
それがなければ、いくらロケーションがいい場所で撮っても意味ないですよね?



063.jpg





スポンサーサイト
Posted at 03:37 | にっき | COM(0) | TB(0) |
2007.11.30

嗚呼、ダース・ベイダー




062.jpg

Posted at 03:02 | にっき | COM(0) | TB(0) |
2007.11.30

言えない




058.jpg




059.jpg




060.jpg




061.jpg

Posted at 03:01 | にっき | COM(0) | TB(0) |
2007.11.29

えぶりでー



東京のコマーシャルスタジオで働いてました。

デカイ企業の広告撮影はハンパじゃない。動くお金の桁が違います。
スタジオの中に飛行機の半分作ったり、ガソリンスタンドそのまま作ったり、とにかくスケールデカイです。

その日も某有名コーヒーメーカーのカンコーヒーの撮影。
タレントさんがコーヒーバックに台詞を言う撮影なんだけど、数時間かかる。
やっと撮影が終わって、クライアント(コーヒーメーカーの方)が

「あっ、撮影で使ったコーヒー飲む?」

その日は僕のところのスタッフが僕入れて2名いたので2本もらえるのかなと思い、

「すみません、いただきますー」

そう言うとクライアントさんが

「じゃ、置いてかえるから飲んでね」

そう言って帰っていった。

見送ってスタジオ戻ってきて2人でメガビックリ!!






コーヒー400本がズラっと並んでた



057.jpg


その年は人生で最高を記録するほど缶コーヒー飲んだ・・・
Posted at 03:42 | にっき | COM(0) | TB(0) |
2007.11.29

撮り時


モデル撮影は勉強になる。

プロモデルはストロボのチャージやシャッターの間隔にあわせてポーズとってくれる。
10秒間に7~8回シャッター切る間に、表情やポーズを変えていくのはすごい!
そこには、お互いの共同作業で作品が作れる面白さがある。

プロモデルではない方のモデル撮影は、ポーズ、表情をカメラマンが一つ一つ説明するパターンが多くなります。(中には自分で出来る人もおります。どこで習ったんでしょう?)

プロっぽくポーズつけるとかえってぎこちなくなるので、そんな時どうするか?


ほっときます。ゑ━━Σ(´ω`*)━━ヱ!!


「まだ撮らないから楽にしててねー」と声かけると、だいたい髪いじったりしてリラックスしてくる。


そこが撮り時


何でもない時に意外な表情がでてきて面白い。
たまたまストレッチしてる時に撮ったのが下の写真、エエ感じになってる。

こいうのって、撮ってるカメラマンが勉強になるんです。




055.jpg

Posted at 03:05 | にっき | COM(0) | TB(0) |
2007.11.27

ガン見




カメラマンて人を撮る以上表情やカタチを見るのはマンモス大事。

僕は、他にどんなところ見てるか?

いろいろあるけどヘアースタイル見てます。ガン見してます。
だってヘアースタイルってみんな気を使ってますから。

どんなスタイリングが好きなのか良く見てないと、動きの中ですぐ変わっちゃう。毛先、アウトラインは特に大事にしてます。

前髪の長さ1mm気にしてる方もいるので、カメラマンもその気持ちを大事にしたい。

一度、ヘアーサロン帰りに写真屋さん来てみてはいかがですか?パーフェクトに写真撮るなら一番お勧めです。


           ヘアー&メイク:Bonney
http://www.bonney.co.jp/index.html



054.jpg





えっ、僕?
僕はそのーーーーあれだ、





育毛が先です・・・_| ̄|○⇒_|\○_⇒_/\○_⇒____○_
Posted at 03:29 | にっき | COM(0) | TB(0) |
2007.11.27

ロマンティ・和田



年とともに(関係ないか・・・)、「運命」などというものを感じることがなくなった。
ていうか、人生で運命を感じるときが何回あるだろうか?
それが運命の出会いとなるともっと少ないんじゃないかな。

もし、”運命”の人に出会えたら、自分の知らないところで”ドラマ”が始まっているとしたら・・・

オッサンはとてもロマンチックになります。(*´ω`)o




保育園で出会ったお二人。

出会った場所でのロケーションで、どうやって「出会いから今」を表現しようかメチャメチャ悩んだ。
ウルトラ悩んだけど、どんなに考えても僕が撮れるのは”今”しかない。

出会ってから今までの気持ちは二人の思い出の中。僕がそれをどうこうしようとするのが不自然なんだと気づく。

それぞれの時間を過ごしてきた二人が再び出会ってここにいる。

写真には”今”しかなくていい。

思い出は二人の中。

二人には、それを一緒に楽しんで欲しい。




                ロマンティ・和田










052.jpg





053.jpg





051.jpg




050.jpg


Posted at 02:46 | にっき | COM(0) | TB(0) |
2007.11.26

HOW TO "ZAYAKU"





021.jpg





022.jpg





037.jpg





048.jpg






人生は思ったほど困難ではない。どうしようもないことを受け入れ、
必要不可欠なものをなしですませ、耐えがたいことを耐えるだけでいい。

キャスリーン・ノリス








Posted at 01:27 | にっき | COM(0) | TB(0) |
2007.11.26

やってもうた




ちょっとカメラ持ってお出かけしてみた。

普段あまりカメラ持って(仕事以外でね)歩かないので新鮮ございます。
ネット見てても結構セルフポートレート撮ってるのでアタイも挑戦。タイマーでガシャガシャ撮りまくる。

まわり見るとカップルが沢山いて、そこの場所のド真ん中で「オッサン一人撮影会」。(。-`ω´-)ンー

寒い・・・、冬のせいかしら?いいえ、きっと視線じゃないかしら?

「いつもこうやって写真撮ってます~」みたいな顔してその場をゆっくり離れたけど、ニトロダッシュで走りたかった!!;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ

そして、出来た写真は









046.jpg





「サイフ落とした」見たいな顔で写ってる。ワロタ
Posted at 00:37 | にっき | COM(0) | TB(0) |
2007.11.24

創造するドラマとドラマの中で


メガ楽しい披露宴でした(*゚д゚*)

披露宴って二人が楽しむのがすごく大事。
それと同じくらいゲストに楽しんでもらうのも大事。
ついでにカメラマンも楽しみたい(ここもリトル大事)

この日のお二人自身もそうなんだけど、仲間がイイ!!
本当にイイ仲間と一緒なんだなーと思う+。:.゚ヽ(*´ω`)ノ゚.:。+゚

ゲストみんなが思いっきり、楽しんで感動して2時間半では全然足りない感じ。

「1時間延長お願いします」

本当にそう言いたいくらいよかったんだよーー





039.jpg




ス、スゲェェー!
列席者全員の似顔絵きり絵(という表現であってるかしら?)がありまスタ ㍗!!!∑(゚Д゚ノ)ノ




042.jpg





040.jpg




でかいな・・でかすぎるな。
でもね、でかいと盛り上がるんだなコレが。




045.jpg




044.jpg




ラストは感動スタ。

新婦の手紙で、ゲストはもちろん、司会者、現場スタッフ(スポットライトの係りもボロリ泣きでしたよ)。+゚(つз`o)゚+。

本当に、本当にイイ披露宴でした。エガッタヨー




僕?僕はね、仕事で行ってるわけだし、そうゆうシーン撮るのが大事なんでね。

ま、結果


号泣



たっぷり泣いとるんですよ・・・(;〒□〒)
Posted at 02:46 | にっき | COM(0) | TB(0) |
2007.11.23

??いるの??



小さい時からの疑問なんですが、幽霊っていますか?
いたとしても寿命ってあるの?

かなり昔の幽霊の話でもせいぜい「平家の落ち武者の霊」ぐらいまでしか聞かない。それより前の幽霊の話は聞いたことがないので、どうなってるのか知りたい。(単純に自分が知らないだけかもしれないけど・・)

知りたい、マンモス知りたい。
教えてガリレオ!!





038.jpg


Posted at 03:05 | にっき | COM(0) | TB(0) |
2007.11.23

早め早め



知り合いの夫婦の喧嘩話を聞いた。

そこのウチは奥さんが強い、とにかく強い。

これは、
一度も妻に勝ったことのない男の物語である。



妻:「ちょっと、謝りなさいよ!!」

夫:「イヤ、俺も悪いけどオマエも謝れよ」

妻:「もうええわ、アンタ出て行き!顔も見たないわ」

夫:「あああん?言うたな、そない言うんなら出て行くわ、帰ってこんからな!」

妻:「ゴチャゴチャ言う時間あるなら早よ出て行ってヨ」



夫は腹が立って腹が立って何も持たずに部屋を飛び出した。
マンションの廊下をブツブツ言いながら歩いてると妻が部屋から出て大声で、


「ちょっと、出て行けばすむと思ってんの!!!!考えなさいよぉぉー。」


・・・・・(i|!゜Д゚i|!) ナ、ナンデ?





数日後、またまた喧嘩が始まった・・・



妻:「ちょっと、10000%アンタが悪いんやから謝ってよ!!」

夫:「い、10000ってオマエ・・・あのなあ、人生一回でええから先に謝ってみいや、スッキリするで。」

妻:「アタシはアンタが謝ったらスッキリするの。アンタ、1mmも反省してないやんか」

夫:「あっあっ、言うたな、言いよったな。オマエのものの言い方が原因やろ。」

妻:「もうええ、もうええわ。アタシ出ていくわ、アンタ一生後悔するでぇー」



妻はそう言い残して部屋を出て行った。


そして、数十秒後、


「何で追いかけてこないのよぉ!!こんなんでエエと思ってんの?」





夫本人の結論、


「夫婦喧嘩は勝つんじゃない、いかに早く終わらせるかだ。」


鉛のように重い言葉だ・・・(`・д´・ ;)ゴクリ



Posted at 02:41 | にっき | COM(0) | TB(0) |
2007.11.22

MFR発売?


東京でカメラマンアシスタントしてました。

僕のいたところは「レンタルスタジオ」といって、アシスタント付貸しスタジオにカメラマン、デザイナー、クライアントが来る。
だから、僕たちアシスタントはその日、何の撮影でどんなカメラマンが来るのかほとんど知らない。
知らない人たちのアシスタントを一日中するのが主な仕事。

その日もU先輩と僕とで天井7.5M,60坪の大型スタジオでの大きい撮影に入ることになってた。

僕:「今日は何の撮影ですかねぇ、長いとヤダなー」

U先輩:「事務所で書類見たけど、MFRの撮影らしいぞ」

僕:「何すかMFRって?」

U先輩:「解んないけどバイクじゃない?」

僕:「MFRなんてバイク聞いたことないっすね、新車かなぁ」


そんな事話してるとゾクゾクとスタッフがやってきた。
しかし、バイクの撮影にしてはスタッフがやたら派手でおかしいなと思いはじめる・・・。


U先輩:「オイ、何かウホバ族みたいなのが来たぞ。なんだありゃ?」

そこにはすんごいドレッドヘアの男の人がサンングラスかけて立ってる。

僕:「さぁ・・・・バイクのバの字もないですね」





結局、ミュージシャンのグループ撮影で何のグループかは分からずじまい。



数日後、家でテレビ見てたらその方達がバリバリ出てた・・・







036.jpg


Posted at 02:21 | にっき | COM(0) | TB(0) |
2007.11.21

冬のロケーション撮影



さ、寒い。ヒィィィ!(゚Д゚||)

朝は布団が僕を抱きしめて放さない季節になりました。
(抱きしめ返したら最後、起きれません)

冬のロケーション撮影の用意は万全にしておきましょう。
特に新婦さんは、ドレスの中にスパッツみたいなのはくだけで
随分寒さが違うみたいです。
カイロ、厚めのショールは当店でも用意しておりますが、
マイ・ダウンジャケット等あればモアベターでしょう。

新郎さんはガマンしてください・・・ウソデス

「ももひき」(今はこんな名前じゃないか・・)はくとパラダス。カイロ持てばダイジョーブ。

オッサンから一言。

打ち合わせでついついロケーション撮影の事で盛り上がることありますが、新郎新婦のメインは式と披露宴です。
挙式当日にひびいてしまうようなスケジュール(冬の海辺の撮影など・・・風すごいっす!)は見直すのも大事です。

ゲストを気持ちよく迎えるのに二人の体調管理は大切な事なんですよ。

上手なスケジュールが組めたら、きっと楽しい撮影になるでしょう。(*´∇`*)



024.jpg


Posted at 03:44 | にっき | COM(0) | TB(0) |
2007.11.21

チャンスをピンチに変える男 F




032.jpg





033.jpg





034.jpg





035.jpg


Posted at 03:03 | にっき | COM(0) | TB(0) |
2007.11.20

悲し杉



030.jpg


Posted at 03:19 | にっき | COM(0) | TB(0) |
2007.11.20

もっと気軽に

031.jpg






写真屋さんに行くのってどんな時ですか?

思いつくのは、お宮参り、七五三、成人式、結婚式、証明写真くらいでしょうか?

こうゆう人生のイベントで写真館が成り立ってる(ウチの話です)んですが、もっと気軽に利用してもらうには写真館自体どうあるべきか。(しつこいですけどウチの話です)

ヘアサロンですごい気に入ったカットしてもらった、メチャメチャ気に入った服を買った、こんな時に写真撮ってもらえたらウレシイ。ヽ(゚◇゚ )ノヽ( ゚◇゚)ノ

「キチッ」とした服で写真を撮るのも記念。

普段のままで「今」を残すのも記念。


写真館のイメージというよりは提案出来る幅をもっと変えていきたいと思うのでございます。






018.jpg





019.jpg


Posted at 03:08 | にっき | COM(0) | TB(0) |
2007.11.20

じてんしゃふぉーえばー




0255.jpg



盗られる、自転車を結構盗られる。
鍵かけてもきれいに盗られる。

東京の大森駅近辺に住んでました。
駅からは自転車で家までマッハで帰ります。

その日も駐輪場から自転車に乗って立ちこぎダッシュ!!
いよいよ立ちこぎやめて安定走行につこうと腰を下ろした瞬間




026.jpg





027.jpg





028.jpg





029.jpg


Posted at 01:29 | にっき | COM(0) | TB(0) |
2007.11.18

編集好き好き

いきなりだけど、カメラマンって(ここでは僕)スンゴイ地味なんです。

撮影は長くても数時間ですが、その後の編集がやたら長い。何時間もPCの前で”トド”みたいに動きません。

細かい作業なんですが、僕は編集が好き。
長い時は1カットに1~2時間かかることもあるけど、編集してると撮影の時と違ったイメージになっていくのが面白い。感覚としては2回目の撮影してる感じかな。

地味な編集作業だが、悩んで悩んで出来たアルバムは絶対にイイ☆(゚∇゚☆)



025.jpg


Posted at 03:23 | にっき | COM(0) | TB(0) |
2007.11.17

特盛フルーチェ  つゆだく




023.jpg


Posted at 01:52 | にっき | COM(0) | TB(0) |
2007.11.17

撮影、ここが大事

「美しく撮りたい」

カメラマンなら誰もがそう思って写真を撮ってると思う。
僕自身は、以前にも書いた「姿勢を良くする」の他に「笑顔」も美しく撮るための大切なキーワードです。

朝早くからの撮影でテンション上がらない方、元々笑うのが苦手な方(得意ってのも変ですが)と「笑えない」という方は多いです。

ではどうするか?
僕は新郎新婦とかなり喋ります。

なんで?(・_・?)

カメラの存在を忘れてほしいから。
その一瞬の「笑顔」を撮りたい!!!

新郎新婦二人同時にイイ「笑顔」って本当に一瞬なんだけど、そこを狙う。

”1/100秒”カメラの存在を忘れた時、そこに美しさがある。


020.jpg


Posted at 01:14 | にっき | COM(0) | TB(0) |
2007.11.16

やさしい目



やさしい目。

パパも、ママも、お兄ちゃんも、赤ちゃんもやさしい目。

愛して愛されてるんだなと感じる。

シャッターを切る自分自身もやさしい気持ちになる。



家族っていいなぁ


017.jpg


Posted at 03:20 | にっき | COM(2) | TB(0) |
2007.11.16

HEY! たくすぃ

20代の頃、コマーシャルスタジオでアシスタントしてました。

撮影が深夜になることもしょっちゅうあったんだけど、24:30に会社出ないと終電乗れない。
終電乗れないと寂しい芝浦のスタジオで泊まることになる。
スタッフは皆スタジオで泊まりたくないので(ベッドは先輩が寝るもの、後輩たちはスタジオに
発砲スチロール敷いて寝る)意地でも帰ろうとする。

その日も仕事終わったのが深夜2:00くらい、さらにどしゃぶりの雨だったのでアシスタントS君と相談してタクシーで帰ることにした。

僕:「電話にタクシー会社10社くらい短縮で入れてあるので、かたっぱしからかけてみようよ。」

S君:「そうっすね、僕、登録してる上からかけてみます。和田さんは下からかけてください」


そして僕の電話が繋がった。


タクシー会社:「ふぁーい、もしもしぃ」

僕:ええっ!寝てたんかいな
  「すみません、一台お願いします」

タクシー会社:「えっ、今からですか?」

僕:い、今からて・・・マッハで来てほしいがな。
  「ダメですか?」

タクシー会社:「いえ、今から用意して行きます」

電話を切って二人でマンモス不安になる。
しかも、待っても待ってもタクシー来ない・・・
キャンセルしようかと話してたその時、電話が鳴った。

それはタクシー会社の女性からなんだけど、なんか話がおかしい。

そして、その女性が・・・

タクシー会社:「あのー、ひょっとしてー、タクシーたのまれました?」

僕:なんだこの低すぎるこのテンションは・・・
  「そうですけど、何か?」




016.jpg


Posted at 01:41 | にっき | COM(0) | TB(0) |
2007.11.13

パスタ記念日



011.jpg




012.jpg




013.jpg




014.jpg


Posted at 04:02 | にっき | COM(2) | TB(0) |
2007.11.13

水のように



心を空にしなさい。水のように、形態や形をなくしなさい

水をカップに入れると、カップになる

水をボトルに入れると、ボトルになる

水をティーポットに入れると、ティーポットになる

水は流れることができ、衝突することもできる

水になりなさい

                 ブルースリーノーツより


ブルース・リーの言葉です

彼は、アクション俳優であり素晴らしい武道家でした。
自らも「截拳道:ジークンドー」という武術を立ち上げ、その思想は型にとらわれない自由なものでした。

柔らかく、硬く、直線的に、曲線的に写真も枠にはまらず撮れたら楽しい。

個性よりも自由、これも表現の仕方。



000.jpg


Posted at 03:16 | にっき | COM(0) | TB(0) |
2007.11.12

和田さん!何やってるのーーーー!!



009.jpg








010.jpg


Posted at 03:15 | にっき | COM(0) | TB(0) |
2007.11.12

泣いたらアカン・・・ことない


結婚披露宴での感動的な場面て沢山ある。

20代の頃はどんな感動する場面でも
「泣くのはプロじゃい!!」

そう思いながらの撮影してたんだけど30歳越してから泣く、結構泣く、すぐ泣く。見えん、メガネ曇って前見えんくらい泣く。カッコつけてもしゃーない、

オラァ、泣いとる。


花嫁の手紙を読むシーンで、新婦の父はジッと前を見たまま微動だにしない。父としての威厳と娘への想いの中でどんな気持ちなんだろうか?
頬を流れる涙が全てを物語っている。

男が泣くには男なりの理由がある。
それを考えると僕も泣けてくる・・・


008.jpg


Posted at 02:33 | にっき | COM(0) | TB(0) |
2007.11.10

写真に美しく写る方法

僕は、写真撮らせてもらう方にお願いしてることがあります。

「背筋をのばして姿勢よくしてください」

これ、ウルトラ大事です。
ファッションショーのモデルさんって姿勢がすごくイイでしょ?僕はあの姿勢の良さはテクニックだと思う。訓練してるんです。モデルさん並みとは言いませんが、姿勢が良くなるだけで写真写りだけでなく、見た目の印象もグッと良くなります。

自然な写真でも姿勢がイイと更に美しい写真になる!!

ちなみに僕は・・・○| ̄|_



00011.jpg


Posted at 23:10 | にっき | COM(0) | TB(0) |
2007.11.10

妄想カレー




Posted at 03:51 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2007.11.10

何人かの女性に聞きました。

「自分のアルバムでお気に入りの写真って何枚くらいある?」

答えは大体2~3枚だそうです。
数十枚、数百枚の中で2~3枚。

エラいこと少ない。

カメラマンとして、撮った写真が「お気に入りの写真」になるにはどうしたらいいか、僕の写真の師匠がいつも言ってた事があります。

「和田君、”女性をキレイに撮る方法”を頭の中で20や30個すぐに思いつかないとダメだよ・・」

本当にそのとうり、いつも考えてなきゃ撮影の時スグ出てこないもんなんです。

光線の向き、体の向き、アングルが変わるだけで、顔が大きく写る、手足が大きく写る、太って写る、痩せ過ぎて写る等大きい変化がある。何気ない一枚の写真もいろんなこと考えながら撮ってるんですよ。

撮った写真全てが「お気に入りの写真」。
これ理想ですが目指してます。

ちなみに、人間の顔は左右対称でないのは知ってますか?
一度携帯で、真っ直ぐ前を向いたまま左右45°の角度から撮った写真を見てください。(タイマー撮影がイイかも)
きっと自分の顔が左右どちらが好みかわかると思います。

全然根拠ないけど、左の顔立ちがイイ人が多い。


Posted at 03:11 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。