FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.03.14

写真館として

IMG_2673.jpg



去年からお店の改装始まってまだまだ続いてる。
(たぶん終わりがないんだと思う・・・)

ほとんど手作りでやって僕なりに気づいた点があります。
それは、”無からは写真が撮れない自分”がいたことです。

ほとんどの写真館では、背景として使う”バック紙”と呼ばれるものがあります。
ウチも長い間ほとんどバック紙での撮影が主流でした。
これは短い時間で雰囲気を変えて撮影するには今でも使えるアイテム
なのは間違いないでしょう。
もう一つはウェディングでもおなじみの”ロケーション撮影”。
思い出の場所、カメラマンだけが知っている秘密の場所
(秘密って何だ?)、定番の場所(あそことあそこ・・・)、
沢山あります。

これら二つに共通してるのは、”写真背景としての存在”。
”バック紙”はそれこそ撮影用の背景ですし、海も川も山も空も
撮ろうと思えばどこでも撮れます。(ちょっと乱暴ですが)

ところが、道具と材料は揃ってるから”自分で作るぞ!!”ってなった
とたん何も出来ない自分がいる。

カメラの事もそこそこは勉強した。
光線も勉強した。(たぶん)
なのに写真を撮る上での背景は用意されてないと撮れないことが
猛烈にショックだった。

バック紙やロケーション撮影が安易だとは思いません。
もっと自分の想いがこもった写真を撮るには自分で作るのも最良と
言えるのではないでしょうか?

正直、自作ゆえに「ダサイよ!!」といわれるのはコワイ。
別にインテリアや建築の専門でもないし・・・。
でもね、ここはドーンといってみますよ。



”空間を創造出来る写真館”



新しい挑戦です。





新しいスタイルに変更するにあたって最大限の協力をして
くださったクリエイティブ阪急のスタッフの皆様には
感謝しております。
インテリアの”イの字”も知らない自分が勉強するきっかけにも
なりました。
本当にありがとうございました。






スポンサーサイト
Posted at 22:46 | 写真 | COM(6) | TB(0) |
2009.03.14

嬉しいファミリーフォト


IMG_4980.jpg



パパとママのウェディングフォトも撮らせてもらいました。
僕の中では、パパのタキシード姿、ママのドレス姿が鮮明に記憶にあって
ファミリーフォトとして撮影するのは新鮮です。
こうして子供を撮らせてもらえるのは一番嬉しい!!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。