--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.02.17

こんな出発ならエエのぉー

あー楽しかった。



なんて言えばいいんでしょうか、

”ゲストと新郎新婦に温度差なし”

と言えばいいのか?

ゲストの笑いどころ、感動する場面、全て二人とシンクロしてる。

2時間半の披露宴ですが、新郎新婦の体感時間は半分くらいに思えたかも。



「は、早っ!!」

こう思えたら披露宴を楽しめた証拠です。




C132.jpg




C135.jpg




こうしてゲストの笑顔撮る時は、出来たら写ってるみんな笑ってて欲しい!!

「ハイっ!!!!!!笑ってちょーーーーーーーーだい!!!!!!!!」

この気合で撮る。




勝手に念力飛ばしてます・・・ゴメン。



C176.jpg




C185.jpg



みんな楽しそうで、笑顔だけ見てると誰が新郎かわかんないね。
こうゆう好きです、ハイ。




C226.jpg




C229.jpg




C310.jpg




若いときは

「カッコイイ写真じゃないと今っぽくない。人と違うアングルでストロボ使わずにライブ感あったほうがイイ!!」

そう思ってた。


しかし、大事なのは

”僕自身がその場所にいてどれだけ感動して、写真が撮れるか?”

ではないか?



テクニックは大事。
表現したいのは気持ちです。




”自分がドラマの中で写真を撮る”




僕の写真の大事なとこ。

この記事へのトラックバックURL
http://futori.blog112.fc2.com/tb.php/103-14999e4d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。