--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.09.25

UFOを作れ!!



焼きそばUFOが好きだ。
ペヤングも好きだがUFOも好きだ。

二股と言われても全然OK、僕はUFOがダ・イ・ス・キだ!!



そんなUFO好きの僕は考える、
「普通の生麺焼きそばをUFO味にすればどんなに素敵でハッピーか?」
(ここまでは皆ついて来てる事を願って進めるよ)

そこでネットで調べる、”UFOソースレシピ”を。
ところがほとんど情報なしで(当たり前か)今年一番のガッカリに遭遇。

ならばと自分で編み出したソースレシピは、


・おたふく焼きそばソース半分
・ウスターソース半分
・味の素パッパッパ
・ガラムマサラ、ガンガン入れる

これで”何となくUFOみたいなそうでないようなソース”が出来上がる。
作った焼きそばは中々美味いので間違いじゃないはずだが、ここで問題発言が・・。

紀代様(奥さん)から、

「UFO買えばいいじゃん!!ばっかじゃないの!!!!!!」



お、お前、これ250年前なら水攻め火攻めのオンパレードで拷問される
レベルの暴言やで。
まー500万歩譲ってここではいいとしよう。

君の言う事は正論かもしれない。
いや、むしろ正論だろう。

でもな、でもなー、

君の話にはロマンがない!!


これを理解すれば君にも見えてくるはずさ、フライパン山盛りの
”UFO味の焼きそば”が・・・ウ~ン美しい。





この記事へのトラックバックURL
http://futori.blog112.fc2.com/tb.php/1199-bf5331ee
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
和田さん。いつも楽しいブログをありがとうございます。

辛めがお好きなら・・・サニーマートで売ってる
赤いキャップの泥ソース。
これ、絶対お勧めです。

お好み焼き、豚カツ、ハンバーグ、美味しいですよ。
Posted by ハルシオリ正岡 at 2011.09.28 22:27 | 編集
ハルシオリ正岡 様。

嗚呼、ブログでしょーもない事でも書いとくもんですねー。
こうやって貴重な情報が入手できてさらに”UFO”に近づいていけるんですから。

以前食べた事あった”泥ソース”。
この男心をくすぐりまくるネーミングに吸い込まれるように買ったのを
思い出しました。(笑)

なるほど、今一度”泥ソース”をまぜまぜして”UFO”を目指してきます。
ウルトラサンキューでございます。
Posted by いちはち at 2011.09.29 00:19 | 編集
ネット巡りでたどりつきました。
2年以上前の物にレスしても良いのか
どうかわかりませんが、懐かしくなって
カキコさせていただきます。

UFOそっくり味のソース作ったことがあります。
20年以上前ですが。
大勢で焼きそばを作って食べたのですが
ソースはないタイプの麺を買ったので
自作しましたが、冷蔵庫の中にある調味料を
適当に混ぜたらUFOそっくりの味になって
一緒にいた知人たちもUFOのソースって売ってるのか?
と言っていたほどでした。

ただ昔の事でレシピは忘れてしまいましたが
貧乏学生の冷蔵庫にあるものでしたので
特殊なものは使っていません。

が、冷蔵庫の中にあるものは全部混ぜました。

ウスターソース、砂糖、しょうゆ、味噌
マヨネーズ、酢、ケチャップ、もしかすると
練りからしか練りワサビぐらいはあったかも。

オイスターソースとかラー油とかはありませんでした。

当時、知人の間でハンガリアンスープというのが
流行っていて、その味付けはできるだけたくさんの
調味料を混ぜると美味しくなると
聞かされていたので、
焼きそばソースもそうやって作ったことを覚えています。
Posted by 通りがかり at 2014.01.14 18:56 | 編集
通りがかり 様、

この手の情報は何年後でも欲しい、欲しいのでございます。
ただ、ソースの材料、分量が不明な点が悔やまれます。(笑)
どうか昔の記憶がプレバックした暁にはご連絡くださいませ。

しかし、今回の情報で”結構色々混ぜるのかも”という事が見えてきました。
あこがれのソースに一歩前進しました!!

マンモスサンキュー!!!!
Posted by 和田 年晴 at 2014.01.14 23:19 | 編集
今日試しに記憶を頼りに再現してみました。
結果全然ダメでした。

色々混ぜると言っても隠し味的に混ぜるだけなので
ウスターソースを中心に基本的な調味料を
8種類ぐらい混ぜてみましたが・・・それはそれで
とても美味しいソースになりますが、UFOのニュアンスは
微塵もないものになりました。

中濃ソースも試しましたがやはりダメ。

20年以上前の貧乏学生の冷蔵庫に特殊な調味料なんか
あるはずないし、特別な知識もなかった。

うーん、わからないですねぇ。
ただ当時はハンガリアンスープを真似ていたので
加熱しながら作った。今回は過熱しなかったせいか
マヨネーズが混ざらす、抜いて作った。

でもマヨ一つぐらいで決定的な違いが出るわけはなし・・・。

又、成功することがあれば報告しますね。
Posted by 通りがかり at 2014.01.16 01:38 | 編集
通りがかり様。

ちょ、ちょっと・・・なんという嬉しい挑戦。
まさかこんなに早く再チャレンジしてレポートしてくれるなんて・・・。
僕は正直、お小遣いをちょっと多めに渡したいくらい感動しました。

実は日清はおたふくソースからレシピを引き上げて自社製造し始めてから
味が変わってます。
僕が小さいころとソース、麺が変わったのが素人でも分かるくらい変化ありました。

それでもあのソースを再現できたらモアハッピーです。



お互い進展あれば報告ということでいきましょう!!マジデ
Posted by 和田 年晴 at 2014.01.16 22:18 | 編集
なるほど、それでおたふくソース使ってるわけですね。

ではガランマサラは何故使ったんでしょう。
あれはカレー粉に入ってる辛み系スパイスじゃないですか?

UFO舐めてみるとピリピリした感じが舌に残るので
これは化学調味料系なのかなと思います。
20年前作った時もアジ塩は使ったはずです。

僕的には今回酸味がどうにも近づかないって事に気が付きました。これはやはりマヨネーズ使わなかったせいかも。

マヨネーズは酢と油と卵黄混ぜますからね。

しかし、よくわからないのはUFOのソースは黒いソース
部分と透明な油っぽい部分が微妙に分離している。

ということは酢と油を混ぜたドレッシングのような状態でマヨネーズのように乳化剤は入ってないのだろうか。



うーんガランマサラかぁ。私は辛みはないと思って
唐辛子系は入れなかったですが、感じる人は辛みもわかるのかな。

いや、何回失敗してもいいじゃない。それがロマンですもの。



Posted by 通りがかり at 2014.01.17 05:18 | 編集
通りがかり様。

なんか僕の数倍UFOソース愛を感じてジェラシーを感じます。(笑)
マサラは単純にネットで「入れたら近い味になる」というのを見て簡単なので
真似してみたんです。
なんか近いような気がするだけでしたが、今でもおでんに使ったりして気に入ってます。

>しかし、よくわからないのはUFOのソースは黒いソース
>部分と透明な油っぽい部分が微妙に分離している。

この部分で”天才現わる”と感じましたよー。
確かに分離してますねー。
何かスゲー気になってきました。

おっしゃる通り何だかロマンを感じてきました、ソースに。(爆)
Posted by 和田 年晴 at 2014.01.23 01:24 | 編集
UFO以外の焼きそばでうまい焼きそばに出会ったことがない者です;
興味深い記事でしたのでついつい横から失礼します


マヨ+ガラムマサラに蜂蜜(コク)や山椒(スパイス感)をプラスしてはどうだろうとふと思いました。

10年以上前の話ですが、子供のころ
なんだこのフルーティーな感じ!?うますぎる!!
と衝撃を受けた記憶があります
しかしフルーツに手を出した瞬間にお手軽感からどんどん遠ざかっていきそれこそ
UFO買えYO!
と言われてしまうでしょう・・・

一応2004年の記事によると
パイナップル、りんご、レモン、パパイヤ、マンゴー、レーズン、デーツ
と7種類のフルーツが入っているそうです

UFO食べたくなってきました

それにしてもUFO大盛りの1.5倍とか発売してくれないのでしょうか
あの量じゃ一瞬でなくなってしまいます;;
Posted by マイケル富山 at 2014.01.31 20:37 | 編集
またまたトライしてみました。

今回はフライパンに水を張りまずこんぶ出汁を取り(自分の好み)そこにおたふくソースとオイスターソース半々。
そこに2割ほどマヨネーズ投下。

後は隠し味程度にケチャップ、味噌、醤油、からし、酒
ごま油、酢をちょっぴり混ぜていきました。

結果、これはこれで美味しいソースになりましたが
UFOソースにはちょっぴり近づいただけに終わってしまいました。

どうにもかつて作った味からはほど遠い。

残る可能性は
①当時シチューかなにかのルーの残りがあってそれを混ぜていた。

②当時醤油かソースが放置されていたもので劣化して
独特の味になっていた。

②の根拠はUFOのソースを見ると大変黒い。
こういう黒さはそば屋のそばつゆを見ればわかると思いますが、醤油やソースを常温で放置しておくと角が
取れて。所謂かえしの状態になりますが、
かえしは薄茶色から真っ黒な状態になるのです。

おたふくが作っていた味を何故レシピを持っている
日清が再現できないのか?
これは同じ材料を使っていても何か熟成させないと出てこない風味であるからではないでしょうか。

うーん、ソース舐めただけでレシピを分析できる
達人に来てもらいたいですね。

Posted by 通りがかり at 2014.02.05 23:05 | 編集
30年前に作ったUFO味ソースについて、私なりの結論が出てしまったので報告させていただきます。

結果的にレシピは1月17日投稿のソースに、(蒸焼きそばの)粉末ソースを加えるで終わりです。

私の使っているのは東洋水産の蒸し焼きそば麺パックですが、似たような味であればどこのでもいいと思います。実は今までソースは自作の物を使っていたので添えつけ粉末ソースは捨てていたのですが、今回試しに味見してみると自作ソースではどうしても近づかなかった酸味が似ていることに気づきました。

そこでこれを混ぜてみるとあの30年前に近い味が復活しました。本物に比べてどうかと言うと似ている程度のものかもしれません。が、自分の好みの細麺を使えるという部分で昔のUFOに近いといえるかも。

30年前の事をちょっと思い出しました。

焼きそばパーティーをしようと皆で買い出しに行って安い蒸し麺を買ってきた。
ところがソースがついてなくて、普通のウスターソースを使うという。
それじゃぁ、私が美味しいソースにするとあれこれ混ぜ始めると、パックのラベルに見えてたのが粉末ソースと気づき最後に加える。作ってみたらUFOに似ていると作り方を聞かれたが、最後の粉末ソースのポイントが高いと思わず、適当にたくさん混ぜ合わせただけだよと答える。30年たって粉末ソースの事は忘れてしまった。こういう流れだと思います。
結果的に適当に調味料を混ぜればできるというのはデマでした。ごめんなさい。

>>マイケルさん

>パイナップル、りんご、レモン、パパイヤ、マンゴー、レーズン、デーツ
>と7種類のフルーツが入っているそうです

これはうれしい情報です。返しを作るようにソースに果物を漬けて作っていけばなんかとても美味しいそーすになりそうな楽しみが。しかし、こんなにたくさんの果物使っているとは・・・。そりゃ簡単に混ぜできないはずだと納得できました。
Posted by 通りがかり at 2014.02.14 16:06 | 編集
父の病気が見つかり、いろいろと生活のリズムが変わってしまってすっかり放置してしまったこのブログ。

しかし、なんだこのUFOソースへの情熱は・・・。
いい年した大人がソースについてあーでもないこーでもないと熱い
思いが伝わってきます。

父の病気の間もUFOソース熱が冷めた訳ではありません。
・UFOソースのかかった冷凍一口カツ。
味はまーまーであるが努力が見える。

・UFO味のスナック
お前は助走つけて殴られてもおかしくないぞ。
ホンマしばいたろかというレベルの味。

と、41歳となりましたが探求しております。

マイケルさんのフルーツのお話はソースがカロリー低い調味料なのがわかりますね。たしか多くのソースは野菜が減量になってますもんね。

通りがかりさん粉末ソースいれるのやってみました。
僕的にはUFOではないけど市販にはないジャンクな味のイケてるソースとなりました。
冬はこのソースをおでんににつけて楽しみます。

UFOソース探求者に感謝感謝でございます!!!!
Posted by いちはち at 2014.09.20 00:22 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
Posted by at 2015.11.20 22:33 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。