--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.09.27

オレの話を聞いとくれ




IMG_2153.jpg



只今深夜2時17分。
あらイヤだ、お肌には一番危険な時間帯だけど大事な事なんで書かせていただくわ。



”どうやったら女性を美しく撮れるか?”

「オレの才能と君の笑顔さ。キリッ」と言いたいけど、実際は色々考えているので
ございますのよ。

スタイルに関して言えば、和装は全て左前で着付けをしているわけですから、
胸あたりは右側より左側のほうが若干ですが厚くなっている(そんなの気にしねーよ
とか言わないで!!気は小さいほうなんだから)ので左側を奥に横向く時は、
右奥の時よりほんのわずか深く奥に角度をつけます。

ようは着物の厚さ分だけ回転して細く見える様にしているわけでござーます。
1cm単位で細く見えたり太く見えたりする微妙なとこだと思ってるので
ココはあーだこーだと細かく言わせていただいております。



目線ですが、僕が写真を習った時は

”花嫁さんの写真は目線を下げて撮れば何となくそれらしい写真が撮れる。
しかしそこにテクニックはないものと思いなさい”

これがずーと気になってて撮る時は”目線下げて撮るだけ”という風にならない
ように気をつけてる。(つもり・・・たって自己採点だもの)

実際はもうちょっと色々あるんだけど、顔の向きで言えば体と同じ方向にならない
ように角度をつけ、目線はさらに角度をつけていく。

最後に目線。
これをどーでもいいところにもって行くと、もーどーにもなんない。
目線は細かく指示させてもらいながら”一番美しいカタチ”に持っていく。



もちろん撮影はこんなガチガチばかりの撮影ばかりじゃないですよ。
ただ和装は特に”自然な写真だから~”という理由でカタチを作らずにいけば
本当にだらしない写真になると思ってます。(ああー、もー言わせてもらうぜぇー)

だって”自然だから”という理由で着付けダラダラの美容師さんなんていないですもの。
せっかく着付けでスタイルよく見えるようにしてもらってるんですから、カメラマンも
そこ目指すのがいいんじゃないかと超勝手に考えてるわけでござーます。



あとは姫のスマイルがあればチョモランマの頂上には登ったも同然です。
この辺りだけはこだわらせてちょーだいな。




あらイヤだ、只今深夜2時56分。
ブラをはずして寝るとしますか・・・おやすみなさい。






この記事へのトラックバックURL
http://futori.blog112.fc2.com/tb.php/1200-b1e5ee11
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。