--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.12.02

もみの木ハウス


以前勤めてた会社のN嶋さん。
同い年だけど会社では先輩なのです。
本当にいい人なんだけど何かが、ちょっとした何かが足らなかった・・・。



N嶋さん:「最近さー肩こり酷いんだよねー。」

僕:「どんくらい酷いんです?」

N嶋さん:「いや、もーさー肩ガッチガチだよホント・・・」

僕:「どっか(マッサージ)行った方がいいんじゃないです?」

N嶋さん:「和田君どっか知ってんの?」

僕:「いやー、東京では行った事ないんで知らないですねー」

N嶋さん:「あーそー、じゃーさー、並木橋にあるマッサージ知ってる?」

僕:「いやー見た事あるかなー・・・記憶にないですねー」

N嶋さん:「もみの木ハウスっていうんだけど・・・」

僕:「!!!!!?????????????」
  (あった、確かにそんな店あったけど何かマッサージというかアッチの
   店だったような気が・・・いや、気のせいか・・・)

N嶋さん:「まー肩こり酷いんで行ってみるわー」



数日後・・・



N嶋さん:「あのさー、並木橋の”もみの木ハウス”行って来たよ」

僕:「ホントっすか、どーでした?」

N嶋さん:「それがさー、何か入っていきなり”パンツ一丁になってくれ”とか
      言われてさー」

僕:「N、N嶋さん、それはねーもうあれじゃないんですか?」

N嶋さん:「いやさー、俺も何となくおかしいと思ったんだけどさー何か
      そのまま行っちゃってさー」

僕:「聞くのも悲しいけど最後はどーなったんです?」

N嶋さん:「なんかさー、最終的には¥12,000-払って来たよ」

僕:「・・・・・・・・イチマンニセンエン!!」

N嶋さん:「やっぱ違うかったんかなー?」

僕:「N嶋さん、もうね完全に違う店行ってますよ・・・」



後日”もみの木ハウス”の看板見てみたら、写真の女性はみんなチャイナ服
着てニッコリ笑ってた。



いくらなんでもわかるやろ!!





この記事へのトラックバックURL
http://futori.blog112.fc2.com/tb.php/1253-654afd12
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。