--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.11.12

親父の引っ越し




私の実家は、1階が写真屋2階と3階が住居でございました。
この先年をとっていく両親には階段や買い物も辛くなるだろうという事で
引っ越そうかという事になりました。

母親が、「35年住んだ我が家を離れるのは辛すぎる・・・」と涙ぐみながら
ウチの紀代様(奥さん)に話かけてる横で、

「ここを改装して事務所いーなー。あっ、ここ使えるんじゃねーの?」

みたいな事を大声で喋りながら一人で部屋を見ていた。
帰り道で紀代様に「アンタ、おかーさん泣いてんのに”出て行ったらココを
どーする”とか信じられんわ!!」と怒られる。


サーセン!!



そして、日々ブルーになっていく妻の横で親父が僕に、

親父:「トシハルよ、お前金魚どうする?」

    と聞いてきた。

僕:「イヤイヤ、どうするって金魚はアナタのもんでしょ?」

親父:「いやそうやけどマンション持っていけんし、第一金魚とか生きもん
    飼ってると遠出とかできんなるやろ・・・」

僕:「はぁぁぁぁぁぁ??じゃ何で飼ってたんや!!!!!」

親父:「う〜ん、孫が夜店でとったのを置いて行ったから・・・」

僕:「5000億歩譲ってそれはええわい、それを何で俺が飼わんといかんの?」

親父:「いや、おとーさん飼えんし・・・」

僕:「アンタ・・・ワザとやってるやろ?」



結局金魚はとあるところへ持って行き解決してきた。
その報告したら母親が「金魚、金魚〜」と言って泣いていた。
正直言うと「金魚で泣くかな〜?」と思ってしまった。ダッテキンギョヤシ

そして数日して親父から電話があった。

親父:「いやねトシハル、実はこの家建てた時にお前のオバーチャンから
    植物もらったんよ」

親父:「ものはね立派なもんなんやでー」

親父:「ただなー、とんでもなく大きくなってエライ事なっとる」

親父:「なー、おとーさんはお前んちの玄関に置いたらピッタリやと
    思うけどなー、どー思う?」




はぁぁぁぁぁ〜、もう一回聞くけど、


アンタ、それワザとやってるやろ?




この記事へのトラックバックURL
http://futori.blog112.fc2.com/tb.php/1435-a4d769e5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。