--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.12.09

高知成人式家族物語



成人式の写真撮影。



昔は式典当日の朝に、美容室→写真館→会場もしくは美容室→会場→写真館
というのが一般的な流れでした。
写真館も夜10時くらいまで撮影してたとこもあるそうです。スゲー
だからお嬢達は早い人で朝2時とか3時に起きて(寝てんのか?)美容室に
支度に行ってた訳なのでございます。




現在は高知でも前撮りがだんだん浸透してきて、年間数百人が撮影してると
思います。
前撮りのイイとこは、ゆっくり撮れる、家族も一緒に来て貰える等が
大きな違いじゃないでしょうか?

家族が来ていてよくあるのが、

・おとーさん、最初から居場所がなさそうにウロウロして、誰に言われてる
 わけでもないのにお嬢にスゴイ気を使ってる。
 中には気を使いすぎて車で待ち続けてる父も・・・泣ける。

・母、お嬢のスケジュール調整、美容室手配、着物手配、写真手配をして
 やっと迎えた撮影でお嬢にカメラ向けると「あっち行ってて!!」と3秒で
 拒否される・・・これも泣ける。

こういうシーンを見ると、二十歳のお嬢達に”親の気持ちが~”なんて話も
堅苦しいかもしんないけど、成人式の振袖撮影は「家族イベント」
として楽しんでほしい。
おとーさんもおかーさんも気を使いすぎずもっと楽しんでほしいと
思うわけです。

親が子供にカメラ向けるのも成人式くらいか結婚式くらいです。
小さいときにあんなに追っかけまわして撮影してたのに、もう
撮影することもなくなる訳です。



こういう見方をすると成人式というのは「家族物語」なんだなーと思えて
くる。
そして、お嬢達もいつの日か我が子を通してこの気持ちを
知る日がくるのでしょう。



IMG_8678.jpg

上で書いた”家族物語”というキーワードがぴったりあてはまる
ナイスファミリーでした。
おかーさん細かく撮影の準備をされてて、撮影日には素敵ファミリーで
来てくれました。

しかも”姉妹で撮影”って撮ってる方も楽しいの。



IMG_8731.jpg

”前撮り”なんでロケーションにも行きました。
「桜と撮りたい」というご希望に、これまたE感じの桜があったのでございます。



IMG_8626_20121109224241.jpg

姉妹写真っていーなー。
ホントに楽しい撮影でした。

母上、マンモス感謝感謝でございます。




この記事へのトラックバックURL
http://futori.blog112.fc2.com/tb.php/1438-fc982e2a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。