--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.10.05

高知写真家親父背骨骨折疑惑じゃなくて骨折と癌だったね 其の五



Oyaji ga gan!!!!


我が家には考えても無かった結果でした。
母親が「どないしょ・・・」みたいになってたので、
入院する訳だしお金の事もあるんで保険確認してみたら?と言ったら
「3つくらい保険あるみたいだからどれでがん保険かけてるか見てみるわ」
と言って帰って行った。

それから入院、検査、治療方法説明等色々あった。
母に「保険調べた?」と聞くと、
「アンタそれがね・・・・」

「がん保険1個もないわ・・・・」

几帳面に保険関係も組み立てて来ていた父がまさかがん保険なかったとは・・・。
最後に母が、
「入院費用は20日目くらいから出るみたいよ〜」
とか言ってたけど正直どうでもよかった。



心配で姉と医者である義兄も高知に来てくれたが、
入院1ヶ月以上で寝たきりで起きれないと人間どんどん弱ってきます。
魂を注射で吸い取られてるんじゃないかと思うくらいどんどん痩せて、さらに
筋肉使わないので体の肉がたれてきます。
親父に「どうしたらいいかなー」と聞かれたので、知識0パーセントですが、


「生きたきゃ喰ってくれ、喰わなきゃ癌より先に衰弱して死ぬな」


とナイスなアドバイスを送った。
実際病気よりも寝たきりになってる事で死にそうになってたのでコレしか
言いようがなかった。



そして医者である義兄より、

「年晴クン、ちゃんと覚悟したほうがええかもしれんな」

とリアルなお言葉いただく。
内心「まだ死なんやろ〜」と思ってたが、プロに言われると
「死ぬの?」と思えてくる。



次回、「高知写真家親父が故高知写真家親父になりそう」の巻





この記事へのトラックバックURL
http://futori.blog112.fc2.com/tb.php/1569-c0b0c067
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。