--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.10.17

新高知成人式写真物語




0N8A47678.jpg



振袖撮影。

自由に撮れるようで意外と難しいと俺的に思ってます。
和装の打掛けに比べたら動きやすさは格段にあるし、ポーズも色々
つけやすい着物なのです。

でも”撮影するならスタイル良く写すんじゃ”ってじっちゃも言ってたし、
ちょっとした角度の違いで見え方変わるのも事実です。
特に俺的に”座りのポーズ”は差がはっきりと見えてくると信じております。
「そう思ってんのはお前だけだ!!」との香ばしい意見もございましょうが、
俺はお前を愛すからお前も俺を愛せと俺は言いたい。

今回の写真は座りでも”崩し”と言われる技法を使っております。
(”崩し”とは僕が勝手に決めた事で、他の写真館で「崩しでお願いします!」
とか言っても「はぁ〜?」って言われて終わると思います。)

座りで気をつけるのは”脚の長さ”です。
撮り方間違えると凄く短く写る事もある。

もう一つは”袂(たもと)”の処理。
広げすぎるとゲイラカイト(ふ、古い・・・)みたいに見えるし、
グニャグニャになるとだらしなくなります。
自然にふわっとさらっと流すのが俺流。



他に色々ございますが、上記のやり方をE感じにして、
カリスマカメラマンのエッセンスを少々振りかけ、美容師さんが
ガッチリビッタリ仕上げてくれて、お嬢が一生懸命最大限の
努力を絞り出してくれたら超絶良い写真になると思います。
という訳で、よろしくどーぞ!




この記事へのトラックバックURL
http://futori.blog112.fc2.com/tb.php/1582-d258bdac
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。