--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.10.20

ランディー・パウシュ教授 「The Last Lecture (最後の授業)」

米国カーネギー・メロン大学のランディー・パウシュ教授

(コンピューター・サイエンス、46歳)が、2007年9月18日に同大学で400人の

学生らを前に最後の講義を行った。

膵臓から転移したガン細胞に体を蝕まれ、その彼が医者から余命3カ月から

半年と宣告された時に「最後の授業」として学生達を前にしたまさしく最後の講義。



”夢を叶えるために”



人はどうするべきか?

この講義にはその答えがあると感じます。



長い動画ですが、最初の一つだけでも是非見てください。


































この記事へのトラックバックURL
http://futori.blog112.fc2.com/tb.php/373-ad5f7eb9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。