--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.12.05

赤い疑惑


東京のコマーシャルスタジオで働いてました。

ここの会社は毎月、無遅刻、無欠勤なら「皆勤賞」として15,000円もらえるシステムだ。
20代前半の若いスタッフには結構デカイ金額なので、みんな「死んでも会社に行く」ぐらいの気合が入ってた。

会社が芝浦にあって、田無という駅からレインボーブリッジの下にあるスタジオまで徒歩20分。

入社1年目の坊主達は駅から毎日歩く。2年目以降は、物凄いボロだけど赤い自転車が支給される。(歴代の先輩方が使ったすーぱーユーズド)

1年間、冬のビル風に耐え、2年目になり僕にも”マイ・自転車”がやってきた。



その日も赤い自転車で、歩いている後輩に「お先っ!!」と声かけて会社に向かってた。
朝礼が始まる10分前、メチャメチャ余裕の時間。

しかし、会社まで、”あと100M”というところで”ポリスメーン”に呼び止められる。


ポリスメーン:「はーい停まってぇ、ちょっといいかな?」

僕:「はっ? ハ、ハイ・・・何か?」

ポリスメーン:「コレ(自転車)、君の?」

僕:「いえ、会社のですが・・」

ポリスメーン:「鍵ぃ壊れてるねぇ」

僕:「そうなんですよ、だから自分でチェーンロック買ってるんです」

ポリスメーン:「あっそう、じゃ調べてみるから待ってて」



明らかに、「君、盗ったんでしょ?」みたいな口調だ。
しかし、そんな事よりも遅刻が心配でしょーがない。

僕:「あのー、会社スグそこなんでタイムカード押してきていいですかね?」

ポリスメーン:「うーん、ダメだねぇー」

僕:「えっ!!スグそこですよ!!!!」

ポリスメーン:「無理だねぇー、スグ終わるから」


     朝礼1分前


僕:「ちょ、ちょっと!皆勤賞かかってるんですよぉぉぉー!プリーズ、ポリスメーン」

ポリスメーン:「じゃさ、こうしよ。何かあったら電話ちょーだい。それならいいでしょ?」

僕:「・・・・・・・・・・」

ポリスメーン:「何?どうしたの?」

僕:「何かあったらって、今、何かあってるんですよ!!!


       ア ウ ト



結局、わかってもらえずタイムカード的に遅刻になった。

でも、あきらめきれない。

マネージャーに話せばきっと分かってもらえる。
出勤途中の社員も目撃してるし、ダイジョーブ、話せば分かる。

僕は、朝の出来事を、正確に細かくマネージャーに説明して、

僕:「というわけで、これって遅刻じゃないですよねー」



マネージャーの答え




076.jpg








人生は、私たちが人生とは何かを知る前にもう半分過ぎている。

W・E・ヘンリー





     

この記事へのトラックバックURL
http://futori.blog112.fc2.com/tb.php/40-ae78d7aa
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。