--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.05.08

まずは


IMG_2940.jpg



まずはお味を確認。
その後お遊びになられます。

二本指が立ってるのが王子の愛くるしいところ。



2年前に写真セミナーで講師の人が言ってた事。
日本には非常にすばらしいシステムやビジネスがあるのに
何故写真館はこんなに古いのか?

七五三の写真一つとっても、北海道から沖縄まで千歳飴持った
子供が正面向いて立ってるだけの写真ばかり。
三歳、七歳のメイクは真っ赤な口紅つけいて、貴方達カメラマンは
本当にあんなメイクがかわいいと思ってるんですか?

何故、美しくもなくかわいくもない写真を撮ってるのか?
誰に聞いても、「昔からこうだから・・・」

これではカメラマンとして死んでいると言うのです。


随分乱暴だなと思った。


でも、ブライダルには随分前から新しい波がきて、ストロボを
使わない撮影やアングルの研究がされてきました。
アルバムもどんどん斬新になり新しい技術は瞬く間に全国に
広がります。
そういえば、ブライダルに関してテクニック自慢をする人はあまり
見なくなりました。
(昔はいたんですよー。セミナーの講師カメラマンのが
”アンタらには撮れねーだろ”みたいな事言う人が)

ブライダルと比べても子供写真は止まってると
言われても仕方ないのかもしれませんね。



ブライダルやキッズフォトに壁も無ければ違いもない。
同じベクトル線上にあるものだと認識すれば、
答えは見えてくると思ってます。





この記事へのトラックバックURL
http://futori.blog112.fc2.com/tb.php/670-3f62a03f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
・・・そんなビジネスをしていきましょう。
Posted by やぎ at 2009.05.08 14:47 | 編集
営業写真館(自分も含めて)はとにかく勉強しない。
してるつもりでも美容業界からしたらしてないといって
いいと思います。

業界がこんな感じですから、次世代の人間も同じような
人間が出来てしまうのが現状です。

店単位ではなく業界単位で時代に取り残されたら
笑い話にもならないですから頑張ります!!
Posted by いちはち at 2009.05.09 13:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。