FC2ブログ
2009.06.23

グッドジョブ



SS00222.jpg

最近ウチのカメラマンが挙式と披露宴スナップの撮影が終わって
帰ってきて言う言葉が、

「いやー、今日の披露宴のラストは盛り上がった」

「すごい大人しい花婿さんがメチャメチャテンション高かったですよー」

と自分がどう感じたかを話してくれます。



”いい写真撮れた撮れなかった”という事よりも、自分が二人の物語の中で何を
感じてシャッターを押してきたかが大事なはずです。
目で見て耳で聞いてと言葉で言うのは簡単ですが、撮影に集中してると
案外見えなかったり聞こえなかったりする部分が出てきてしまう。

撮影が終わって感想が言えるということはそれだけ余裕が出てきている証拠。



こうやってカメラマンが物語の中へどんどん入っていくと
写真はますます良くなっていくはずです。

楽しみです。






この記事へのトラックバックURL
http://futori.blog112.fc2.com/tb.php/738-d967d5db
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
若かりしころ、ブライダルも撮っていましたが、まったく見れていなかった自分を思い出しました。
いい写真が撮れたか?そればかりで必死でした。
ホントにその余裕は大切ですよね。
楽しめるぐらいで無いと良い写真が撮れるわきゃ無い。今の自分にも言い聞かせてやりたい今日この頃・・・^^;
Posted by daichangm at 2009.06.23 09:26 | 編集
ナヌ?daichangmさんはブライダル畑にもいらっしゃったんですね。
オシャレ系から晩御飯まで何でもSUTEKIに撮れる黄金のスキルには
ブライダルのエッセンスもあったとは!!!トリビアですよ。

daichangmさんのブログ見てから歩いてる足元のカットがやたら
増えたいちはちより。
Posted by ☆☆和田 年晴☆☆ at 2009.06.26 20:54 | 編集
管理者にだけ表示を許可する