--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.12.23

仮想記憶装置2号


えー、本来なら”分家”行きのネタですが時間ないのでこっちに書きます。



毎度の悩みですがPhotoshopの作業時間を早くしたい。
(そもそもプリンター2台動かしながらブラウザ立ち上げてデータ転送しながら
Photoshopやってる時点で間違ってる気がするが気にするな)
スッキリ解決するにはそれなりの$が必要だし人数分そろえるとなると正直キツイ。

ということで考えて導入したのがPhotoFastのSSD”PF25S128GSSDV3”。
これをシステムドライブとPhotoshopの仮想記憶ディスクとして設定。
結果は仮想記憶ディスクとしてのパフォーマンスの高さは十分に体感できるもので
ほぼ満足のいく結果でした。



HITACHI HDD 1TB

これがウチのハードディスクのベンチマーク結果。
まぁ、ハードディスクって大体こんな感じではないでしょうか?


PhotoFast  PF25S128GSSDV3

そしてこちらがPhotoFast PF25S128GSSDV3。
読み込みもそうですがPhotoshop等の作業では書き込みも重要なポイントです。
ということで現時点では人気のインテル製SSDはパスですね。
(最近、OCZから出ているWiperというリフレッシュツールでパフォーマンス回復することを
発見。コントローラーが同じなので使えるんジャマイカと自己診断)

じつは今回はここからの話で、さらに高速な仮想記憶ディスクの構築を目指して
ご登場いただくのが”RamPhantom7”

これはOSの管理外メモリー領域(32bitは3.25GBまでしか認識しない)をRAMディスク
として使用できるスバラシイ(はず)ソフトだ。
今まで64bitでしか扱えなかった8GBのメモリーを有効活用できるのがミソ。

今度はこれを仮想記憶ディスクとして使いミラクルマッハPhotoshopとして生まれ変わる
はずの計画でございます。



RamPhantom7.jpg


そしてこれがRamPhantom7で作られたRAMディスクのベンチマークテスト。
当たり前ですが驚異的なスコアをたたき出しております。



こんだけのスコアをたたき出してくれるRAMディスクを使ってのPhotoshopの体感速度は・・



ほとんど変わりなし!!




ウッソーーーン!!!!
SSDに変えたときの爽快感は何処か、ほとんど変化を見られないままでした。
ひょっとしたらHDD+RAMディスクの組み合わせなら「早えー」という夢を見れるかも
しれません。



ウフフフ、わざわざRAMの高いこの時期に大損ブッこいたかしら?




この記事へのトラックバックURL
http://futori.blog112.fc2.com/tb.php/863-d5dda436
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。