--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.22

道行きの儀




結婚式ってオシャレな教会や素敵なイベントがあるかないかで
大きな差を感じる部分が多いのではないでしょうか?

でもね、何が本質というか何処に意味があるかというと、
二人の門出が幸せであることと、家族がそれを笑顔で送り出して
あげられるというのがスタートなんじゃないかなーと思うわけです。

何もスゴイ仕掛けやスポットライトの演出がなくても、意味があり
物語があればステキな瞬間となるのです。オッサンハソーオモウ




bb0026.jpg

道行きの儀。
高知の三翠園で行われる挙式前の儀式。


bb0033.jpg

この儀式は家族だけでされる方多いようですし派手な演出もありません。

花嫁の門出をお母さんが、胸元に箱迫、懐剣、扇の花嫁道具を飾り
最後に一筆花嫁の唇に紅をひきます。


bb0039.jpg

その時だいたいのお母さんはほとんど表情を変えません。
花嫁さんの手紙で涙を流すお父さんみたいに泣くこともありません。
静かに娘の花嫁支度の仕上げをしていきます。



bb0041.jpg

寂しくないわけがない。
ただ母は我慢するのです。



道行きの儀、ほんの数分の儀式なのにステキな物語があります。




この記事へのトラックバックURL
http://futori.blog112.fc2.com/tb.php/940-2f24b8d1
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。